ぺーやんの米国株投資

高卒サラリーマン ぺーやんが米国株長期投資で億万長者を目指します。

コロナショックが天動説を覆すか!?

 

f:id:peyanusa:20200509004158j:image

ぺーやんです。

 

コロナショックにより、多くの方の収入が減少していると思います。

積み立て投資は言うは易しですが、収入の減少によって不況時も継続する事は簡単な事ではありません。

 

しかし、景気に循環があり、長期的に優良企業の価値が上がっていく事を考えれば、苦しい時期を乗り越えた先にきっと大きな収穫をする事ができるはずです。

 

さて、コロナショックにより、世界は大きな不況へと突入しました。

そんな中、少し不謹慎ではありますが、私は良い意味で世の中の変化を感じています。

 

日本は長らくデフレに苦しみ、世界の中で低成長に喘いできました。

 

マスメディアは国の借金○○○兆円!っと言った見出しで、まるで日本が借金大国であるかの様に煽り、財務省は消費増税を繰り返して来たのです。

 

しかし、消費税は消費に対する罰であり、デフレを促進させる政策なのです。。

f:id:peyanusa:20200509010438j:image

 

 

そもそも、国と民間の借金の意味合いは違い、国の借金は必ずしも返さなくてはいけないものではありません。

 

そんな事を言うとギリシャはどうだ?とか言う人もいますが、ギリシャは自国の中央銀行を持っていないため、返済が困難になり金利が急騰したのです。

 

しかし、日本はと言うと世界一の対外債権国であり、メディアが煽る国債は全て円建てで発行されています。

 

日本には通貨発行権があり、自国通貨建ての国債がデフォルトする事などあり得ないのです。

 

 

日本は財政破綻論が囁かれ随分経ちますが、一向に破綻する気配はありません。

それどころか、金利はずっと下落傾向であり、危機が起きれば円が買われる状態が続いています。

 

又、日本はデフレで経常収支黒字国なので、円高になり易い傾向にあるのです。

 

さて、何度も言いますが、現代の貨幣は借入によって生まれ、返済によって消滅をします。

銀行には信用創造と言うシステムがあり、借り手がいれば自己資本(日銀当座預金残高)の何十倍もの預金を生み出し貸し付ける事が許されているのです。

 

何が言いたいかと言うと、銀行は誰かのお金を貸すのではなく、借り手がいる場合に預金通帳に数字を書き込むだけで、新たにお金を生み出し貸し付ける事が許されているのです。

 

つまり、お金とは債務と債権の記録であり、借り手が多い程にお金の流通量は増えていくのです。

 

 

しかし、日本では不景気によりお金を借りたくても借りれない人が多いです。

その為、借り入れが増えず信用創造が働かないのです。

 

安倍政権発足後、日銀は国債を民間銀行から買い取り、民間銀行の日銀当座預金を増やして来ました。

それにより、金利の低下と民間銀行の自己資本を増やす事で、貸出し量を増やそうとしたのです。

 

しかし、時は流れ8年経ってもインフレは起きません。

円安によるコストプッシュインフレはおきましたが、みんなの給料が上がり物の値段が緩やかに上がる様なインフレは起きなかったのです。

 

つまり、金融緩和だけではインフレが起きない事を証明したのです。

 

何故インフレが起きないかと言うと、インフレとデフレは需要と供給の関係で決まるからです。

 

幾ら国債を買い取り民間銀行にお金を供給しようが、消費による需要が生まれなければ、物価上昇への圧力が高まる事がないのです。

 

現在国民はお金を借りれるだけの収入も無く、お金もないため消費したくてもできない状態なのです。

 

 

 

最近はMMT(現代貨幣理論)が騒がれています。特に、このコロナを機に以前よりも話題が増えました。

 

先程の信用創造の話に戻りますが、民間銀行以外でもお金を発行する方法があります。

 

それは、政府が国債を発行して、日銀に買い取らせて政府が支出する方法です。

民間需要が期待できなければ、政府が支出して国民経済を下支えするのです。

 

現代のお金は債務と債権の記録、つまり自国通貨建ての国債発行はお金を発行することになるのです。

 

これに対して、そんな事をすればハイパーインフレになる!!と言う方もいますが、そもそもハイパーインフレは著しく供給能力が破壊された場合のみに起こる事で、現在の供給過多の日本の様な先進国では考えられません。

 

又、MMTによると、政府は物やサービスの供給能力に合わせ貨幣の供給量を調整して、インフレ率が高くなれば徴税により需要と供給のバランスを取り、スタビライザーの役割を果たす事で物価の調整を行うと説明しています。

 

素人の考えですが、低インフレが定着してきている今の世の中、そしてコロナによる今回の不況は、世界恐慌後に金本位制からの通貨管理制度移行時の様に、世界の貨幣論が変わる転換点になる気がします。

 

日本は世界一の対外債権国です。

 

私は、現代の貨幣論が改められ、この困難をチャンスと捉えて、人々の生活が豊かになる方向に世論・政治が変化する事で、日本が復活する為の良い機会になればと心から願っています。

暴落は金持ちへの切符!!10年に一度の大チャンス到来!!

 

f:id:peyanusa:20200313130421j:image

ぺーやんです。

 

新型コロナウィルスの影響で、世界中で株が大暴落しています。

f:id:peyanusa:20200313123218j:image

 

又、株だけで無くゴールドと言った実物資産も売られています。

 

リーマンショックを経験した方は、ご存知だと思いますが、株の暴落時は信用取引の証拠金補填の為に他の資産の換金売りが始まります。

 

最初はファンドの空売りから始まり、追証の為の換金売り、そして最後に暴落の損失に耐えられなくなった長期や個人投資家の現物売りにより、下落相場は終わりを告げます。

 

 

いつの時代も人間の行動は変わらない。

 

人は理論よりも感情に支配される生き物ですから、いつも同じようにパニックを起こし株価は暴落します。

 

しかし、株は本当に売るべきでしょうか?

 

1〜2年の話ならそれは正しい行動なのかもしれません。しかし、暴落を正確に捉え底値で買い戻せる人がどれだけいるでしょうか?

 

おそらく殆どの方が暴落時に恐怖で買い迎えないと思います。

 

 

しかし、20年、30年と投資を行う長期投資家にとって、暴落はチャンスです。

 

NYダウやS&P500の優良銘柄を安く買えるのですから。

確かに、短期的には経済は冷え込み企業業績は悪化するでしょう。

 

しかし、5年後に人々はコロナウィルスに怯え、買い物を控え消費をやめているでしょうか?

 

いいえ、おそらく人々は以前と変わらず、旅行をして、コーラを飲みマクドナルドを食べているはずです。

そして、優良企業は毎年利益を上げ続け、企業の価値は上がっていきます。

 

リーマンショック後の安値から現在まで、株式指数はおおよそ3倍になっています。

つまり、安値で株を買い付ける事ができれば、資産増加のアクセルとなるわけです。

 

今回の暴落でも、私は5万円の積立投資は継続しています。そして、それとは別で8ヶ月に分け150万円の追加投資を決定しました。

 

底値を見極める事は難しいですが、この様な暴落時に買い付けをできれば、10年後には大きく収穫ができると思います。

 

株が暴落。その時にとるべき行動とは?

f:id:peyanusa:20200310232542j:image

ぺーやんです。

 

10年以上続いた強気相場ですが、コロナウィルスの影響により歴史的な暴落が起きています。

 

私の資産もピークより30%近く減少しています。金額で190万円程度でしょうか。

 

しかし、長期投資家にとってこの程度の暴落は、長く相場に居続ければ何度か経験する事になります。

 

その為、以前から言っている様に、自分のリスク許容度に合わせた資産配分をする必要があるのです。

 

今回の様な下落を経験すると、自分のリスク許容度を再確認する事ができると思います。

今回の暴落により、持ち株を手放してしまった人は、株式の運用比率が資産に対して多すぎたと言えます。

 

又、収入や手持ちの生活防衛費によっても、耐えられるリスク許容度は違う為、積立投資をしながら自分が精神的に安定して続けられる様に資産配分をすると良いです。

 

 

さて、今回の暴落で割高だった米国株にも値頃感がでてきました。

コロナウイルスによる実体経済の影響は少なくないと思いますが、過去の人類は幾度もこの様な困難を乗り越えて来たため、今回の騒ぎもいずれは収束します。

 

その為、長期投資家にとっては、今回の様な下落相場は、投資を始めるには良い時期といえます。

 

底値を狙う事は難しいですが、我が家では毎月50,000円の積立投資と別で、時間を分散させ150万円程度の追加投資を検討しています。

f:id:peyanusa:20200310190114j:image

過去を振り返れば、世界恐慌の様に株価の低迷期があった場合、トータルリターンは高くなりました。

 

これは、株価が安くなり購入単価が下がる事、そして、配当金で安くなった株を買い増しできる事で、次の強気相場で燃料となり資産の増加を押し上げる為です。

 

その為、株価下落は多くの方にとって喜ばしい事と言えるのです。

 

長期的には企業は利益を上げ、配当を出し、自社株買いにより株主価値を高めます。

 

その為、個人投資家は忍耐強く相場に居続けて、再投資と積み立て投資をする事で、長期的に資産を形成することが可能です。

 

 

 

 

 

労働時間を減らして、収入は増やしたい。

 

f:id:peyanusa:20200119212702j:image

ぺーやんです。

昨年は貿易戦争の懸念がありながらも、予想以上に米国株相場が上昇しました。

 

そして、今年も堅調に株価は推移しており、私の予想を越えるスピードで、NYダウは3万ドルを超えそうです。

 

さて、年も新しくなり、私は新しい目標と投資方針を作りました。

 

昨年まで仕事も多い中、休みを取ることが難しく過ごして来ました。

 

しかし、これから先を考えた時、仕事に時間を費やし将来億万長者になったとしても、若い時代を犠牲にし資産を増やすと事が、本当にベストなのか?っと思っていました。

 

勿論将来の備えは大切ですが、それ以上に若い時期は大切です。

 

そこで、老後の為の資産運用と現役時代用との資産運用を分けて行う事にしました。

 

楽天ポイントを合わせた月々51,500円の積み立てによるインデックス投資は、今後も継続して行います。

 

f:id:peyanusa:20200119193849j:image

インフレを加味しなければ、積み立て投資だけで充分な資産を作る事が可能です。

又、別で運用している確定拠出年金を合わせれば、更に数千万円の上乗せが期待できます。

 

そして、それとは別でSPYD への投資を行い、配当による収入UPを目指していきます。

 

その為、640万円をSPYD へ移しました。

f:id:peyanusa:20200119193633j:image

f:id:peyanusa:20200119194741j:image

現在の株価で配当利回りが4.37%であるため、年間28万円程の分配金が見込め、税引き後で20万円の収入が見込めます。

 

年に4回の分配金が出るため、3ヶ月に一度は5万円程のお小遣いが貰えることになります。

 

私のルールでは、この分配金は人生を充実させるため使い切る事とし、年間100万円程度の買い付けを目標にしていきます。

 

 

 

 

インデックス投資を含めると年間160万円の投資です。

 

現金は年間70〜80万円程度の貯蓄を考えていますが、保有に関しては割合を見直しながら検討していきます。

 

今、現金は500万円程度となっていますが、基本的に現金は必要以上に保有せず、給与収入や配当を増やし生活を回して行く予定です。

 

インデックス投資を2年続けて感じた事は、個人が資産の最大化ばかりを目指しても、生活が楽しくない!と言うことです。

 

私達の時間が有限である事を考えれば、若い時期を充実して過ごす事も大切です。

 

働き方改革も騒がれる中、今後は労働時間の削減と配当による収入UPで、より充実した生活を送れる様な投資を目指して行きます。

 

 

米国株は更なる高値を目指すのか??

 

f:id:peyanusa:20191120234628j:image

ぺーやんです。

 

米国株は金融緩和政策が取られる中、高値圏となっています。

 

金融庁の老後2,000万円問題から、資産運用に興味を持つ方が増えたと言いますが、中々投資に踏み切れない方もいるかもしれません。

 

米国株は長期でみれば、高いリターンを上げてきましたが、短期的には評価額がマイナスになる時もあります。

 

景気にはサイクルがあり、5年から10年に一度不況が訪れるため、30年資産運用を続けると20%を越える暴落を3、4回経験する事になります。

 

しかし、だからと言って暴落を正確に捉える事も難しく、売買を繰り返せば税金や手数料など、余分な経費を払う事になります。

f:id:peyanusa:20191120233032j:image

又、28年間のS&P500のリターンを調べたところ、年率11.1%のリターンに、最も影響を与えたベスト10日間(運用期間の0.25%以下)の上昇相場を逃すと、年率リターンは8.6%へと低下します。

 

更に、ベスト30日間(運用期間の0.5%)の上昇相場を逃すと、年率リターンは5.5%と半減してしまうのです。

 

つまり、タイミングを見計らった運用は、超一流の投資家である必要があり、殆どの方にとっては、運用成績を劣化させてしまう事になるのです。

 

さて、最近株式投資の未来の著者、ジェレミー・シーゲル教授が現在の株式市場について、コメントを出していました。

 

米国株のS&P500については、今は既にやや割高なものの、低金利である事、そして、米中の貿易協議が合意に至ればさらに10%上がると見てるようです。

 

 

楽観的に見ている印象を受けました。

 

しかし、米国経済が拡大している中で、事実上の金融緩和がされている事、それはバブルを引き起こす可能性もあります。

 

そして、実体の無い株高は、いずれ暴落に繋がります。その為、投資家はバブルに注意をはらいながらの運用を心がけるべきです。

 

逆に言えば、金融緩和により株式市場に資金が流れている内は、株高が続く事になります。

f:id:peyanusa:20191120235736j:image

さて、現在のNYダウは下値を切り上げ、しばらく抜けられなかった、上値の抵抗線を突破しています。

 

更に、トランプ大統領は以前、中間層向けの減税案を1年以内に発表すると言いました。

 

来年は、大統領選を控えている事から、今後株高を演出する可能性が高いです。

 

その為、私は1年以内にNYダウが30,000ドルを越える事を予想しています。

 

今後の投資戦略

 

f:id:peyanusa:20191118224335j:image

ぺーやんです。

 

しばらく本業の仕事に集中していた為、久しぶりの更新です。

 

NYダウは、最高値を更新しており株高に沸いています。しかし、実態を伴った上昇とは言えず、楽観しすぎるのも良くはありません。

 

私はと言うと、毎月5万円の積み立て投資は継続していますが、大きな入金を現在は考えていません。

 

しばらくは、キャッシュを温存しまとまった現金を確保しようと思います。

 

f:id:peyanusa:20191118214704j:image

 

f:id:peyanusa:20191116214601j:image

 

現在、確定拠出年金を合わせると、756万円株式で運用している事になります。

 

その他、無リスク資産で547万円程あり、現在は合計1,303万円の金融資産となっています。

 

 

最近は、株式の値上がりが続いているので、順調に資産が増え続けています。

 

実は今年、突発的な車の購入をしてしまったので、それなりのキャッシュアウトがありました。 

 

ミニクラブマンの購入です。

 

余りにも仕事へのモチベーションが下がっていたので、購入に踏み切りました。

資産が減ってはしまいましたが、生活に張り合いが出たと言う事で良しとしておきます。

 

さて、今後の投資についてですが、老後のお金とは別に、毎年配当が貰える様な資産形成も行っていきたいと思います。

 

毎月の積立とは別に、まとまったキャッシュができれば、高配当のETFを買い付けていきたいと思います。

 

私が検討しているのはSPYDです。

f:id:peyanusa:20191118223306j:image

ETFは個別株の様な、業績悪化や倒産リスクを抑えられ、高い配当利回りを享受する事ができます。

 

現在の価格で、配当利回りが4.34 %あります。

又、利回りだけで無く、長期的には価値が上がる事によるキャピタルゲインも期待できます。

 

将来の老後資金も大切ですが、現役時代のお小遣いも増やしたいのが、多くの人の本音ではないでしょうか?

 

長期の資産形成の他に、配当によるインカムを得る事で、長期に渡る資産運用に楽しみを与え、結果的には長く運用する事に繋がると思います。

 

寝て起きたらお金が増える。株式投資は最強の不労所得。

 

ぺーやんです。

 

NYダウが連日過去最高値を更新している中、私の資産も増加しています。

f:id:peyanusa:20191106123355j:image

 

まあ、所詮含み益なので、実際には確定したものでは無いですが。

それでも、何もしていなくても勝手にお金が増える事は嬉しいです。

 

前日比で130,000円のプラスは、新入社員の手取りに相当しますから、寝て起きただけで1ヶ月分を稼いだ事になります。

 

 

しかも、株式投資は不動産投資やオーナー事業と違って、特にメンテナンスをする必要もありません。

 

一度買い付けてしまえば、特に何もやる事が無い。しかも、現在は楽天カードで投資も引き落としで自動買い付けしているので、その気になれば30年間何もする必要もないのです。

 

 

実際には、資産が気になってチェックはしてしまいますけどね。

 

不動産の様に管理に手間がかかるわけでもなく、経営者の様に会社の運営を気にして苦労する事も無い。

 

インデックスファンドへの投資は、僅かな信託報酬を払いさえすれば、後は自動で再投資や銘柄入れ替えをやってくれます。

 

又、保有するのだって、ネット上に電子証券と言う形で保管されており、場所も取る事がありません。

f:id:peyanusa:20191106130645j:image

こんなに優れた資産を手軽に保有できる現代社会は、本当素晴らしいと思います。

 

昔だったら、証券会社の窓口や電話で、担当者にお願いしていた取引も、インターネットと言うプラットフォームにより、いつでも何処でも誰もが行える様になりました。

 

こんな良い時代に生まれて来た事に、本当に感謝です。

 

又、今も資本主義社会は新たな発明をし、人びとの生活を変えながら成長し続けています。

 

そして、豊かな日本ではインターネットを使い誰もが資産家になる事ができるのです。これは凄い事だと思います。

 

是非、そんな世界の成長を享受しながら、豊かな人生を歩んで行きたいですね。